知らないでは済まない

医師

事前検査とアフターケアはほくろ切除をする上で最も重要な工程として認知されています。病理検査は肉体の健康を、アフターケアは肌の綺麗な仕上がりに直結してくる要素なので、綿密なサービスを提供しているクリニックでの受診がお勧めです。

美容外科で施術を受ける

看護師

カウンセリングの重要性

顔のにあるほくろというのは他人から見たらあまり気になりませんが、本人にとってはとても気になってしまうものです。美容整形外科を利用すると割と簡単にほくろを除去することは可能ですが、美容整形外科を利用するルールとマナーというものがあります。それはしっかりとカウンセリングを受けて慎重に施術を行っていかなければ、大きなトラブルに発展してしまうということです。ほくろの除去手術で一番多いトラブルは除去そのものではなく術後に残ってしまう傷跡、そしてしつこく残る痛みにあります。除去手術はメスやハサミを用いて行う外科手術が最も手っ取り早く、早さと安さを備えたコストパフォーマンスの高い施術です。しかしそれだけに術後のトラブル発展率が高く、炭酸ガスレーザーや鍼灸を用いて長期的に行った場合と比べて傷跡が残りやすくなっています。美容整形外科はしっかりしたところであれば必ず事前にカウンセリングが実施され、実際に手術を始めるまでかなり時間があるものです。いきなり手術室に案内される、あるいは自分からカウンセリングを拒否して手術を要求するというようなことがないようにしましょう。受ける病院は大手で実績のある所であればまず問題ないといえますが、万全を期したいという場合にはかかりつけの皮膚科に相談してみるべきです。皮膚科は保険の適用範囲の手術では跡が残ってしまう場合に美容整形外科を紹介することがあり、そうした関係で信頼できる美容整形外科を知っています。皮膚科に紹介してもらえるところは信頼できる病院なので、どこの病院を利用すればいいのかわからないときにはまず皮膚科に相談してみるべきといえるのです。ほくろは場合によっては液体窒素で固めてぽろっと取ることができ、魚の目と同じように治療することができる場合があります。そういったこともあるのでいきなり美容整形外科に行くようなことはせず、まずは皮膚科で対処できるかどうかを判断してもらいましょう。いぼのように外側に出っ張ったほくろの場合はその日のうちに医療用ハサミで切ってしまうこともできるので、意外とすぐに解決することもあります。ほくろは基本的には害はなく、見た目が気になることを我慢すればいつまでも放置することができるということをしっかり認識しておきましょう。焦る必要はどこにもないので慎重に考えて治療を進め、場合によっては軟膏などを用いた治療を進めていくようにすると堅実です。毎朝鏡で見ることになる顔のほくろを消すために、焦らず間違いのない方法で治療を進めるように心がけましょう。

人気の美白系美容医療

頬を触る人

多くの人が悩んでいる皮膚トラブルがしみやほくろです。そのような皮膚の色素沈着は、美白効果がある美容医療を受けることでなくなります。一発で効果がある炭酸ガスレーザーや、顔全体に効果があるフォトシルクプラスなどがクリニックで人気です。

クリニックでの除去方法

女の人

ほくろをきれいに取り除きたいなら、美容皮膚科クリニックで除去するのがお勧めです。直径が小さいほくろは炭酸ガスレーザーを照射すれば一回で蒸散できます。大きいほくろはメスで切除手術をすることでなくせます。

皮膚の腫瘍の治療法

頬を触る人

一般的に多い良性腫瘍のほくろは、レーザーの照射で切り取れます。レーザーの治療費は自己負担になりますが、一回で綺麗に取れるのが魅力です。なお、悪性腫瘍の場合は手術での切り取りが求められる場合があります。