医師

人気の美白系美容医療

頬を触る人

色素沈着がなくなる

しみやほくろなどの皮膚にできた黒い色素沈着の悩みを改善できるのが、美白系の美容医療です。肌の美白化は多くの女性にとって憧れで、巷にはホワイトニング系化粧品があふれています。しかし、ホワイトニング化粧品では治せないしみやほくろもあります。美容皮膚科なら色素沈着をなくするだけではなく、きめが整った透明感のあるすべすべの美肌にする医療行為が受けられます。美容皮膚科でのしみやほくろ取りで活躍しているのがレーザー系のマシンです。炭酸ガスレーザーを使うことで、気になるしみやほくろを一発で消し去ることができます。炭酸レーザーは狙った部分だけに作用するので、周りの皮膚を傷つけることなく美白ができます。しみやほくろはホワイトニング化粧品でケアをしても改善する可能性は低いです。しかし、レーザーなら一回の治療できれいになくし、さらに肌を白くすることができます。レーザーよりも肌への刺激が少ないのが、フォトシルクプラスなどのフラッシュ系の美白美容医療です。フラッシュは広範囲に広がっているそばかすやしみ、ニキビ跡や肌のくすみなどをゆっくりと治す効果があります。レーザー治療はだいたい一回で終わりますが、フォトシルクプラスは何回かに分けて照射して治していくのが一般的です。時間はかかりますが、痛みや出血や傷跡などがまったくなく、肌に負担をかけないで美白化できるのがメリットです。フォトシルクプラスは、同じフラッシュ系美容医療のフォトフェイシャルよりも強い美白効果があります。ほくろを炭酸ガスレーザーで除去したあとに、フォトシルクプラスをして患部をケアするとなお効果的です。肌が白くなることにプラスして、皮下にあるコラーゲンなどの美肌成分を増やしてしわをなくす働きもあります。そのため、アンチエイジング効果を求めてフォトシルクプラスをしている女性も多いです。美白系の治療といえば、ハイドロキノン&トレチノイン療法も定番です。色素沈着をしている部分に軟膏を塗ることで、新陳代謝のスピードを高めて肌の生まれ変わりを促す治療です。古い皮膚がなくなって新しい皮膚が生まれることで、肌に張りと弾力が出てしわがなくなる効果もあります。一般的にハイドロキノンにトレチノインをブレンドして使いますが、それぞれ単品でも効果があります。炭酸レーザー治療やフォトシルクプラスと併用してハイドロキノン&トレチノイン療法を行うことで、さらに効果的に肌の美白化やアンチエイジングができます。