医師

知らないでは済まない

医師

医師が行う作業の重要性

皮膚は細菌の様な外敵から肉体を守ってくれますが、同時に外的干渉の多い体のパーツなので、術前の検診とアフターケアが重要になってきます。よってクリニックでほくろ除去検討時には、施術補助を目的としたサービスの概要を把握する事から始めましょう。治療前の検診で人気筆頭に挙がるのが、病理検査によるほくろの状態確認から見る治療方法の決定です。ほくろは素人目線では黒い斑点ですが、厳密には色の配色がまだら模様を構築していたり、皮膚と患部の境界線がぼやけていたりする等の特徴があります。これらはただのほくろではなく潜在的な病気を発症しているケースが高く、メスで的確に患部を構成している部分の除去が必要です。また体の特定部位にできている物に関しても、患部周囲の内部器官が何等かの病気を持っている可能性があるので、詳しい分析が必要です。費用も3000円前後と安価なので、この検査を綿密に行ってもらえるクリニックでほくろ除去を行う事を大前提と認識してください。分析が終わったら次に露出部分と非露出部分の摘出をどうするかを聞いてもらえるクリニックがお勧めです。専門的にはほくろは外部の視認できる範囲だけでなく、内部でメラニンを排出できない器官があるので、それらを最適化する必要があります。施術で内部摘出も必要な時は追加で施術費用が発生するので、必ず事前に施術費用の概要を説明してもらえるクリニックを探してください。次に決定するのがほくろ除去施術方法の選択で、頻繁に使用されているのは炭酸ガスレーザーが有名です。クリニックでこの施術を使用する時は、患部が露出部分だけの場合と非露出部分も含めた場合とで機材を使いわける方法が採用されています。よって再発を防ぐ施術を希望する方は、必ず炭酸ガスレーザーの施術を使用するクリニックに処置を依頼しましょう。クリニックによっては事前に患部の一部分をレーザーで採取し、病理検査を行う場所もあるので、クリニックの候補条件として把握しておきましょう。全施術工程を合算しても30分程の時間で施術が終わるので、忙しい人は炭酸ガスレーザーを使用するクリニックに相談してみましょう。最後にアフターケアについですが、炭酸ガスレーザーを含めた切除施術の場合は、必ず軟膏か創傷保護材が使用されます。軟膏は直接皮膚に塗るため術後の患部の治りが早く、創傷保護材は術後2日経過すれば化粧や入浴が可能になるメリットがあります。なのでアフターケアに重点を置いたクリニック選択も視野に入れておくと、より綺麗な肌を手に入れられるのでお勧めです。